株式会社 ニッセイ


環境への取り組み

当社は、自らの企業活動に責任を持ち、地球環境への負荷を継続的に低減するため、ISO14001に基づく環境マネジメントシステム(EMS)を導入し、全社をあげて環境に対する保全活動と資源リサイクルを推進しております。

  • 環境管理組織

    2000年に環境マネジメントシステムISO14001を取得。2012年度より、ISO活動の推進と環境リスクの効果的な低減活動を目的とし、環境管理責任者を委員長とする「環境管理委員会」を再編成しました。 年度計画に基づき年4回開催し、環境管理活動を推進しています。

    環境管理組織
  • 環境教育

    毎年、全社年間教育計画に基づいて全従業員に対して役割に応じた環境教育を実施しています。
    年度始めに各課で年間教育計画を立て、保有する設備や個人の役割について環境に関する教育を実施しています。

    環境教育
  • 法規制の順守評価

    当社は、環境方針の「法規制、協定、顧客要求、その他要求事項の順守」を確実に実施するため、水質・大気等の環境規制について「法規制順守評価チェック表」により、特定施設の届出、法的管理者の届出、環境測定結果、設備の健全性等を定期的に監視しています。

  • 緊急事態訓練

    当社は、緊急事態特定施設として6施設を特定し、毎年災害や漏洩事故を想定した訓練を実施しています。
    訓練は、指示書の手順に従って実施し、サイト外への漏洩や流出の防止に有効であったかを評価し、都度改善をしています。また、日常的な監視や点検を実施し、災害や漏洩事故の未然防止にも努めています。

  • 株式会社ニッセイの環境方針

    株式会社ニッセイの環境方針についてまとめております。

    ↓ 詳細はこちら

  • ニッセイ環境報告書2016年版

    画像をクリックしてダウンロードください。

    ↓ バックナンバーはこちら

    EPOC

ページトップ

当社は、ブラザーグループの一員として「ブラザーグループ グローバル憲章」に基づいたグループ全体の統一指針「ブラザーグループ環境方針」に従いながら、地球環境保全のための取り組みを展開しています。

2017年度の環境方針

基本理念

当社は、持続的発展が可能な社会の発展に向け、企業活動のあらゆる面で環境負荷低減に前向きで継続的な取り組みをしていきます。

行動方針

(1) 製造・製品・サービスのすべての事業活動領域において環境目標を定め、環境側面を継続的に改善する。

(2) 国、地方公共団体及び国際的な環境規制等、並びに、その他要求事項を順守することはもちろん、汚染の予防、環境負荷の低減に高度な倫理観を持って行動する。

(3) 全ての事業活動領域において、
・技術・製品の開発設計に当っては、環境面の事前評価を行い、
 環境影響の最小化を目指した製品づくりに努める。
・製品の開発・設計、調達、製造、物流、販売、サービス、使用、廃棄の全ての段階において、
 有害物質の回避、廃棄物の削減・リサイクル、省エネ・省資源に努める。

(4) 環境監査を実施して環境管理活動の評価を行い、システムの維持向上に努める。

(5) 環境教育、社内広報活動等により、社員をはじめ当社で働く又は当社のために働く全ての人の環境意識の向上、啓発に努める。

(6) お客様、地域社会、その他関係者に対して、当社の環境に関する取り組みを積極的に開示し、理解を得る。

(7) すべての事業活動領域において生態系への影響の削減に努め、生物多様性の保全に取り組む。

ページトップ

ニッセイ環境報告書 バックナンバー

ページトップ

こんなところにも、ニッセイ
ニッセイ軟式野球部