株式会社 ニッセイ


社長メッセージ

中長期ビジョン「Vision2025 Change Gears」達成を目指して

代表取締役社長 長谷川 友之

ステークホルダーのみなさまには、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。当社は、2016年度より中長期ビジョンの取り組みを開始しました。

中長期ビジョン
「Vision2025 Change Gears」

中長期ビジョン「Vision2025 Change Gears」は、10年後の当社をリードする30~40歳代のメンバーで策定しました。更なる会社の成長を誓い、 社内でビジョンを共有するためにスローガンを「Change Gears」としました。 さらに技術を磨き、世界中のお客様の要求にすばやくお応えし、従業員が誇りを持てる企業を目指します。

「Change Gears」には、あらゆるものを変革するという意思を込めています。 製品そのもの、生産方法、業務スピード、物事を捉える視点、企業風土の全てを見直します。 これらを総称して、「Gears」とし、中核技術である「歯車」でさえも見直し、さらに進化するという意思を「Change Gears」で表現しています。

ChangeGears

中期経営計画「CGN2018」(2016年度~2018年度)での取り組み

「Vision2025 Change Gears」の実現に向けた第1段階のロードマップとして、 2016年度を初年度とする「CGN2018」(2016年度~2018年度)をスタートしました。 減少傾向にある営業利益を短期で回復させるため、あらゆるムダを省き、モノ創りを見つめ直します。

この計画を実行する施策として、2016年4月から「事業部制」を導入し、 「減速機」「歯車」各事業部内での「作る」「売る」を一貫させ権限と責任の明確化を図ることによって、 意思決定のスピードアップをさせ、利益を出せる企業体質に強化します。

激変する経営環境のなか、今後も当社が成長し続けていくためには、様々なリスクに的確に対処するとともに、 更なる成長に向け積極的にチャレンジしていきます。 「CGN2018」(2016年度~2018年度)の目標達成を目指し、全社一丸となって邁進してまいります。 今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

中期経営計画「CGN2018」(2016年度~2018年度)での取り組み
中期経営計画「CGN2018」(2016年度~2018年度)での取り組み
こんなところにも、ニッセイ
ニッセイ軟式野球部