株式会社 ニッセイ




内部統制システムの基本方針

1.内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況

当社および子会社は、経営の有効性・効率性を追求するとともに、業務の適正を確保するため、リスク管理体制のもとにコンプライアンスの意識 を高め、ステークホルダーに対して説明責任を果たすことで内部統制システムを構築・運用していくことが経営者の責任であると考えております。
取締役会で決議した内部統制システムに関する基本方針の概要は、次のとおりであります。


1.取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

 (1)当社は、「コンプライアンス規程」に基づきコンプライアンス委員会を設置・運営する。コンプライアンス委員会は、当社および子会社におけるコ ンプライアンス活動(教育啓蒙活動、相談通報窓口運営)を統括する。

 (2)当社は、「ニッセイコンプライアンスマニュアル」を制定し、研修等を通じ当社および子会社の取締役等および使用人の意識を高める。

 (3)当社は、法令・諸規則等に反する行為を早期に発見し是正するため、内部通報制度(相談窓口「声」)を設置・運営する。


2.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

      取締役は、職務の執行に係る情報を文書(議事録・稟議書・契約文書・会計帳簿等)に記録し、「文書管理
      規程」に基づき適切に管理・保存する。 また、監査役は当該文書をいつでも閲覧・謄写できるものとする。


3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

 (1)当社は、代表取締役社長を委員長として「リスク管理委員会」を設置し、「リスク管理規程」に基づき当社および子会社のリスク管理を推進す る。

 (2)当社は、リスク管理委員会の下部組織として「コンプライアンス委員会」、「PL委員会」、「情報管理委員会」、「安全衛生委員会」、「環境管理委員会」を設置し、コンプライアンス、PL、情報漏洩、自然災害、労働災害、健康障害、環境等の全社横断的リスクについて、定期的に評価し適切な 対策を検討実施する。
リスク管理委員会は、各委員会の年度方針・活動計画の承認、取締役会への報告および活動状況の監督を行う。

 (3)各部門の所管業務に付随する固有のリスク対応は、当該部門の担当執行役員等が実施する。


4.取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

 (1)当社は、社内組織上の執行役員制度を設け、業務執行と監督を分離し、意思決定の迅速化とガバナンスの強化を図る。執行役員は取締役も しくは従業員の中から取締役会にて選任され、担当する部門の業務執行の責任を負う。

 (2)取締役会は、経営理念に基づく経営計画の審議および経営上の重要事項の決定ならびに業務執行の監督を行う。

 (3)当社は、役付執行役員を中心に構成される戦略会議を原則月2回以上開催し、取締役会から委任された重要案件および重要な業務執行の 審議等を機動的に行う。

 (4)執行役員は、重要な職務の執行状況を、取締役会に報告する。

 (5)執行役員は、使用人の権限について規定した「職務権限規程」および各部門の役割分担について規定した「業務分掌規程」に基づき業務執行 を行う。

 (6)当社は、「子会社管理規程」等を制定し、子会社に対して当社の事前承認を受けるべき事項および報告する事項等を定めることにより、子会 社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保する体制をとる。


5.当社ならびにその親会社および子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

 (1)当社および子会社は、経営の自主性および独立性を維持しつつ、当社の親会社であるブラザー工業株式会社のグループ全体の経営の適正 な運営に貢献するため、同社が定める「関係会社管理規程」等に基づき、重要な業務執行状況の報告等を行う。

 (2)当社および子会社の取締役等および使用人は、経営理念および行動基準を定めた「ニッセイ企業憲章」に基づき業務を行う。


6.子会社の取締役等の職務の執行にかかる事項の当該株式会社への報告に関する体制

 (1)当社は、子会社に対して当社の事前承認を受けるべき事項および報告する事項等を定めた「子会社管理規程」等に基づき子会社管理を実施する。

 (2)当社は、子会社の取締役等を当社の取締役・執行役員等が兼務することにより、子会社の業務執行状況を把握する。


7. 監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項ならびに当該使用人の取締役からの独立性に関する事項、
       その使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

 (1)当社は、監査役の要請に応じ、その職務を補助すべき使用人として専属スタッフを置く。

 (2)監査役会の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性および監査役の指示の実効性を確保するため、当該使用人の人事異動等につ いては、予め監査役の同意を必要とする。

 (3)当該使用人の人事評価については、監査役が行う。


8.取締役および使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制および報告をした
      者が報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

 (1)当社および子会社の取締役等および使用人は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実、法令・定款・企業憲章等に違反する事実を発 見した場合、またはそのおそれがある場合は、当該事実を監査役へ報告する。

 (2)当社は、監査役へ報告を行った当社および子会社の取締役等および使用人に対し、当該報告を行ったことを理由として不利な取扱いを行うこ とを禁止する。


9.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の職務執行について生ずる費用また
      は債務の処理に係る方針に関する事項

      当社は、監査役の立案する監査活動等に必要な費用の計画に基づき、その費用を適時前払または償還する。       また立案された計画以上の費用が必要な場合は、監査役から代表取締役または取締役会への要請に応じて
      追加する。


10.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

 (1)監査役は、取締役会のほか、重要な意思決定の過程および職務の執行状況を把握するため、戦略会議、リスク管理委員会、その他の重要な会議に出席し、必要に応じ意見を述べる。

 (2)監査役は、必要に応じ各部門に対し、監査に必要な資料の閲覧および質問への回答等、監査の協力を求めることができるものとし、協力を求 められた部門は必ずこれに応じることとする。

 (3)監査役は、会計監査人および内部監査部門と定期的に会合を開き、会計監査および業務監査等の内容説明を受けるとともに、意見交換を行うなど適切な連携を図る。

2.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

当社は、ニッセイ企業憲章を策定し、良き企業市民であるとともに3つの満足(顧客・株主・従業員)を追求するための行動基準を定めております。 その中で、社会秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力には断固として対決する旨を規定しております。
また、上記の企業憲章は当社ホームページに掲載するとともに、当社の役員及び使用人はニッセイ企業憲章カードを常に携帯することとしており ます。さらに、当社は「愛知県企業防衛対策協議会」に加入しており、反社会的勢力に関する情報収集及び不当要求等への適切な対応について の啓発を図っております。

ページトップ

ニッセイ提供番組
こんなところにも、ニッセイ
ニッセイ軟式野球部