株式会社 ニッセイ


ブラザーグループとしての取り組み

ブラザーグループでのポジション

ニッセイは、ブラザーグループの一員として、
マシナリー事業をさらに成長させていく一翼を担います。

ニッセイは、ブラザーグループのマシナリー事業(産業機器、工業用ミシン、工業用部品)における工業用部品の製造・販売を担っています。ブラザー工業株式会社の産業機器分野では、2013年に次世代工作機械ブランドを立ち上げ、コンパクトでありながらも複合加工や大型部品の加工を可能とする機種などを投入し、新規市場を開拓しました。

また、工業用ミシン分野では、縫製工場の自動化ニーズ・IoT対応ニーズに応えられるプログラム式ミシン、搬送機、周辺機器などを開発し、縫製ソリューションを提案していきます。

このような中で、ニッセイは工業用ミシン向け歯車や、工作機械向け減速機などの開発・製造で、他のマシナリー事業とのシナジーを追求し、ブラザーグルーブの競争力強化に貢献していきます。

マシナリー事業では、事業成長のテーマの一つとしてファクトリーオートメーション領域への挑戦を掲げており、ニッセイはロボット向け歯車・減速機、およびそれらを応用したキーユニットの開発によって、マシナリー事業全体で成長分野における事業拡大を目指していきます。

グループとしてのポジション
こんなところにも、ニッセイ
ニッセイ軟式野球部